太らない体質を改善するには?原因を理解し正しく健康的に太る!

太らない体質 改善

太っている人からすると羨ましくも思える太らない体質。ですが、不健康に見える、筋肉がつきにくい、女性らしいふっくらした印象がない、と困ることも多いものです。そんな痩せている人に共通することがあります。

 

・食が細い
・栄養の吸収力が低い
・ビタミン&ミネラル不足
・腸内環境が悪い

 

これでは、自分なりに頑張っても身にはついてくれません。そこで必要なのは、体質改善や消化吸収性の高い食品を摂ることです。当サイトでは、太らない体質に困っている方におすすめしたい商品をご紹介。プロテインを飲んでもダメだったという方もぜひ試してみて下さい。

 

ファティーボの特徴

4つの秘策で健康的に太れるサプリメントです。太れない人に多い腸内の「痩せる細菌」にアプローチします。

・痩せ菌をブロックする酵素を配合
・ビタミンとミネラルはスピルリナで補充!
・乾燥生姜で体温UPして酵素を活発に
・腸内環境は乳酸菌&ビフィズス菌で整える

非加熱なので生きた酵素が腸までしっかり届き働きます。健康&美容成分がたっぷり補給できるサプリ。30日間全額返金保証もあり安心です。

価格 3,500円
評価 評価5
備考 酵素・スピルリナ・乳酸菌&ビフィズス菌

 

プルエルの特徴

健康的に体づくりをしたい人へのサプリメントです。7つの酵素&和漢+アミノ酸で、理想的な体づくりをサポートしてくれます。

・体づくりに大切な7つの酵素を配合
・健胃など7つの和漢で吸収力をUP
・必須アミノ酸BCAAを配合
・酵素をサポートする酵母亜鉛
・リラックス効果のGABA

ハードカプセルで酵素を生きたまま体へ届けます。2017年モンドセレクション銅賞受賞。

価格 5,980円
評価 評価4
備考 7つの酵素・和漢・アミノ酸

 

ドクターフトレマックスの特徴

痩せすぎで悩む人が作った太る専用のプロテインです。太れない人に足りない吸収力を考えて作られました。

・微細化したタンパク質で消化吸収性UP
・満腹感に影響を与えない糖を採用
・食欲を促すスパイスを配合
・乳酸菌で腸内環境UP
・ストレス対抗成分をプラス

牛乳で割って飲むだけ。2017年モンドセレクション銀賞受賞。全額返金キャンペーンあり。

価格 8,980円
評価 評価3
備考 タンパク質・乳酸菌

 

太らない体質の人に多い特徴は?

 

痩せたい人にとっては羨ましい限りですが、世の中にはたくさん食べても太らない人がいます。同じ年齢で、同じくらいの量を食べていても太る人と痩せたままの人がいるのはどうしてでしょうか?今回は、食べても太らない人に多い特徴を挙げてみます。ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

朝食を食べている
朝食を抜いてしまう人が多いですが、太りにくい体質にするには朝食を食べておいた方がいいでしょう。基礎代謝を高めるためにも朝食を食べるのは非常に効果的です。朝食を毎朝食べている人には痩せている人が多いです。反対に、朝食を食べない人はおデブちゃんが多いです。朝食を食べないと、無駄な間食の頻度が増えてしまいます。

 

たくさん水分摂取
水分不足だと基礎代謝も下がってしまいます。喉がかわいていなくても、水分はこまめに飲みましょう。水を飲むだけなら一日1.5リットル程度がおすすめです。飲みすぎもあまりよくありませんが、たくさん汗をかいたらコントロールする必要があります。

 

間食しない
痩せている人はあまり間食しません。お菓子などから糖質を摂り過ぎてしまうと脂肪につながってしまいます。痩せている人は間食しないので、糖質摂取量が上がってしまう事がありません。糖というとケーキやチョコレートなどのお菓子を思い浮かべてしまいますが、糖にはご飯やパン、パスタなどの炭水化物も含まれています。どうしても間食したいのであれば、次のようなものを食べるといいでしょう。

 

・ナッツ
・ドライフルーツ
・ゼリー
・するめ

 

基礎代謝がいい
痩せている人の多くが、基礎代謝が高いです。これは体質ではなく、食べても太れない人には代謝がいいという特徴があります。代謝率は生まれつきではなく、自分の心がけ次第で代謝を高めていく事ができます。

 

太らない体質の原因は遺伝?

 

明らかに尋常じゃない量を食べているのに痩せている子っていますよね…。これは体質遺伝なのでしょうか?

 

親の遺伝で子供も太る
家系的に痩せている人が多ければ、自分も痩せ体質になってしまい、太っている人が多ければ自分も肥満傾向にあります。これは絶対的ではありませんが、体型は遺伝する可能性が高いです。ある研究によると、両親が肥満ではないのに子供が肥満になる可能性は10%にしかなりません。

 

しかし親のどちらかが肥満だった場合、この確率は40%以上にもなります。両親ともに肥満であれば80%と、恐ろしい結果に…!親の体型がかなり体質遺伝に影響してくるというわけですね!

 

肺カロリーの食事に慣れてしまうと危険
親が太っている場合、自分も太る可能性は十分にあります。しかし遺伝よりももっと大きく影響してくるのが「環境」です。自分が暮らす毎日の環境を振り返ってみましょう。家族は食事を一緒にとる機会も多いので、同じようなものを食べますよね。唐揚げやコロッケはおいしいですがカロリーも高く、脂肪分たっぷりです。

 

このような食べ物に慣れてしまうと、それがいつのまにか当たり前のようになってしまい、唐揚げやコロッケなど食べなければ気が済まなくなってしまいます。また、体も慣れてしまっているのでこのようなハイカロリーな食事を求めてしまいます。慣れは怖いのです!生活習慣は直せるので、中毒のようになってしまう前に、今の食習慣を見直し、野菜をたくさんとるようにしましょう。

 

空腹状態に慣れること
食べるのが大好きな人は、食べない時間がちょっとでも長く続くとお腹がすいて我慢できなくなってしまいます。いつも何か口にしている状態に慣れている人にとって、空腹はツライかもしれませんが、慣れることが大切です。人間は3日間何も食べなくても、水分だけで生き延びることができます。それを考えれば、数時間何も口にしないのは、簡単な事なのです。

 

太らない体質を改善するには?

 

頑張って食べているのに太れないあなた。太っている人は「痩せろ」と言われる事はあっても、痩せている人が「太れ」と言われる事はあまりありませんよね。しかし太っている人だけが健康的じゃないというわけではありません。痩せているからといって健康的とは言えないのです!今回は、太れない体質の人が体質改善するために、必要な方法をご紹介しましょう。

 

太るためのサプリメントを使う
サプリメントを使って太りやすくする事も可能です。太れるサプリメントは、痩せすぎで悩んでいる方のために作られたサプリメントで、実感率92%を誇るサプリメントです。消化酵素や漢方を含み、栄養素の吸収を促してくれます。

 

サプリメントを使って3キロ以上増量した人も多く、太れなくて悩んでいる人におすすめです。たくさん食べても太れないあなたも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

栄養素を補う
もともと太れない体質の人は、必要な栄養素が足りていません。そのため、アトピー体質の人と同じで十分な栄養素が行き渡りません。そのため身体がきちんと機能せず、食べたものがスムーズに消化されないのです。常日頃からきちんと栄養をとっていくといいでしょう。おすすめの食品はヨーグルトです。その他、納豆や生の野菜もおすすめです。酵素や乳酸菌を含み、消化・吸収を促してくれるでしょう。

 

運動
太るためでも運動は必要です。筋肉をつけるためです。ただ食べる事によって太ってしまうと、脂肪がブヨブヨしておデブに見えてしまいます。そのため運動して筋肉を増やし、引き締まったボディを目指していきましょうね。運動していれば自然と体力もつくでしょう。

 

食事
何か一つだけ食べていてもいけません。お米や野菜、お肉などバランスの良い食生活に心がけます。栄養素をきちんととる事が大事であり、ただ食べていればいいというわけではありません。

 

太らない体質の改善に筋トレが効く?

 

痩せすぎている人は、筋トレすると筋肉をつけながら太っていく事ができるでしょう。ただし筋トレで太るにもポイントがあります。

 

空腹の時に筋トレしないこと
空腹の時は身体の栄養素も不足しています。糖質不足によって血糖値も下がってしまい、空腹を感じてしまいますが、それでも栄養補給されない場合、不足エネルギーを補給するためにも、たんぱく質を分解してエネルギーに転換しようとします。

 

このような状態で筋トレしてしまうと、筋肉はどんどん分解されて逆に痩せてしまいます。痩せたい人にとってはいいかもしれませんが、太りたい人には不向きです。起床後すぐに筋トレしてしまうのもよくありません。起きた直後は栄養素が極端に不足してしまっています。そのため、ハードなトレーニングに耐えられるコンディションも整っていないので、急な血圧上昇、血液循環系への負担も招いてしまいます。

 

食事は筋トレの2時間前がベター
運動直前の食事はすめられません。食後は胃に血液が集中してしまう事もあり、運動で筋肉に血液を送ってしまうと消化不良が加速してしまいます。太るために筋トレするなら、栄養素をちゃんと補ってから始めるといいでしょう。筋トレ2時間前くらいに食事を済ませ、トレーニング中もプロテインやアミノ酸などのサプリメントで、タンパク質を補給するといいでしょう。

 

筋肉痛があるのに無理してやらないこと
筋肉痛がある時は安静にしておき、無理して筋トレしないようにしましょう。筋肉痛は運動すると治るというのを聞いたことあるかもしれませんが、これは軽い運動やストレッチによって血流改善する事が目的です。

 

筋トレなどのハードなトレーニングをした後は、筋肉線維がダメージを受けているので、疲労期にトレーニングを行うと筋線維の回復が間に合わず、さらにダメージが広がってしまいます。結果的に筋線維は太くならず、怪我につながってしまうでしょう。

 

太らない体質の改善は腸内環境がカギ?

 

世の中には太りやすい人と、太りにくい人がいます。太りにくい人の中には、「太りたい!」と本気で願う人もいます。その一方で本気で痩せたい人もたくさんいますよね。実は腸内環境を改善する事によって、太りにくい体質にする事ができるのです。

 

太りやすさは腸内環境が影響していた
太りやすい体質と太りにくい体質の差は、腸内環境の良しあしで左右されます。腸内環境が良ければ太りにくい体質を意地する事ができますし、腸内環境が乱れてしまえば太りやすくなってしまいます…。

 

腸内環境を良くしていくためにも、ビフィズス菌や乳酸菌で腸内細菌を増やしていく事が大切です。ただし乳酸菌は胃酸によって腸にまでなかなかたどり着かないので、乳酸菌サプリメントをとりいれるといいでしょう。

 

便秘になると太りやすくなってしまう?
便秘になったら、腸内環境が悪化しているサインです。腸内細菌のバランスが崩れる事によって便秘になってしまいます。腸内細菌とは、乳酸菌や大腸菌など、善玉菌が減って悪玉菌が増える事をいっています。腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、エネルギー吸収が抑制されず、結果的に太りやすい体質になってしまうのです。

 

そこでビフィズス菌の栄養源となる「オリゴ糖」が注目されています。脂質の多い食品を避ける、ストレスを減らすなどといった事も、痩せるためには必要不可欠です。脂肪分の高い食べ物や過剰なストレスは、腸内の善玉菌を減らしてしまう事になります。痩せるためには、善玉菌を減らしてしまうような要因をなくしていかなければなりません。

 

ストレスがたまっているのであれば、ストレス要因となるものを取り除いていかなければなりません。太らない体質になる、あるいは痩せるかどうかは腸次第という事ですね。ダイエットするなら、運動するより腸内環境を整える方が速いかもしれませんね!